MENU

CLOSE

ミトコンドリアと葉酸を摂取すれば、精子と卵子の質が上がる

ミトコンドリアと葉酸を摂取すれば、精子と卵子の質が上がる

79views

カテゴリ:ミトコンドリア

妊活において最も大切なことは、卵子と精子の質を上げること

ecfbbb749ed037efa3a0944b1dd5b2ef_s

妊活に励んでいる夫婦は、私たちが想像している以上に多いのが実情です。それぐらい不妊というのは身近なところに存在しています。

不妊に悩んでいるのはどんな夫婦が多いのか?

一言で不妊と言っても、原因は様々です。しかし、大まかに言ってしまうと、精子の質と卵子の質が落ちている夫婦が不妊に悩んでいる傾向があります。一体どんな夫婦が、精子と卵子の質が落ちてしまうかと言うと、35歳から40代にかけての夫婦です。

しかし、中には20代の若い夫婦であっても精子や卵子の質が落ちている場合もあります。だから必ずしも年齢が原因というわけではありません。しかし、傾向としては年齢を重ねた夫婦が多くなっています。

なぜ、年齢を重ねると妊娠しにくくなるのか?

年齢を重ねると人間の身体というのはだんだん機能が衰えていくものです。妊娠で大切なのは「卵子と精子が出会うこと」。まずはここが実現できないと妊娠は不可能です。年齢を重ねると、精子を迎えるにふさわしい健康的な卵子が育ちにくくなります。

精子も、卵子まで泳ぎ切ることができない元気な卵子が育ちにくいのです。つまり、妊活をうまく成功させるためには、健康的な卵子と精子を作り上げる必要があります。

妊活に欠かすことのできないミトコンドリアと葉酸

3366663a4ee9351998161448ba236921_s

妊活に取り込むときには、妊娠しやすい体作りをするために、栄養素の理解をしておかなければいけません。そこで欠かすことのできない栄養素は2つあります。それは、ミトコンドリアと葉酸です。それぞれ、いったいどのような働きを見せてくれるのかを説明していきましょう。

ミトコンドリアはエネルギーを生み出してくれる

精子と卵子の活力を十分に発揮させるための器官が、私たちの身体には本来備わっています。それは、ミトコンドリアのエネルギーによって活発化されているのです。しかし、年齢を重ねたり、不摂生な生活を続けているとミトコンドリアは少しずつ減少してきます。そして妊娠に必要なエネルギーを生み出すことができなくなるのです。

葉酸は厚生労働省も推奨している欠かせない成分

葉酸は妊活のときには必ず取り入れる成分です。産婦人科に足を運んで本格的な妊活をする時には、葉酸の大切さを力説されることも少なくありません。それもそのはず、葉酸は厚生労働が省推奨しているほど大切なものなのです。

葉酸は、卵子と精子の質を高めてくれるだけではなく、妊娠したときはおなかの中の赤ちゃんが、将来、障害を抱えて生まれてこないように、回避する働きを持っています。いわゆる、高齢出産と呼ばれるケースで、障害を持った赤ちゃんが産まれやすいのは、葉酸が不足しているためです。ですから、葉酸は妊娠が発覚する前に計画的に摂取して、計画的に子作りする必要があります。

ミトコンドリアと葉酸の摂取はサプリメントからできる

妊活に欠かすことのできないミトコンドリアと葉酸ですが、一体どのように摂取すればいいのか?というのが疑問ですよね。食事の改善で摂取できなくはないですが、仕事に追われている夫婦も多いでしょうから、なかなか難しいと思います。一番手っ取り早いのは、妊活サプリメントを利用する方法です。

これならば、忙しくてなかなか食事できない生活の中でも隙間を見つけて摂取することができますし、持ち運ぶこともできます。だから、勤務先でも問題なく摂取することができるでしょう。葉酸を摂取するときは、女性だけではなく、男性も一緒に摂取するようにしてください。女性と男性両方にに不妊の原因があるわけではないにしても、妊活はパートナーが協力して取り組む必要があります。

そうすれば卵子と精子の質を高めるだけではなく、メンタル面でも安心することができます。精神的な不安から不妊につながることもあるので、夫婦で力を合わせて「安心させてあげる」というのも大切な妊活の一つです。