MENU

CLOSE

男性不妊には「亜鉛」サプリが欠かせない?亜鉛の必要性とは

男性不妊には「亜鉛」サプリが欠かせない?亜鉛の必要性とは

230views

カテゴリ:男性の妊活

男性不妊に亜鉛が必要な理由

738059e7a4a9668bb72a950925fed494_s

セックス・ミネラルと呼ばれる亜鉛

不妊の原因としては、女性側の原因と男性側の原因がありますが、男性側の不妊が原因によるものが全体の3割を占めています。男性側の不妊の原因としては、精子の異常や、精子の通路障害、性交障害といったものが挙げられます。そういった男性の不妊がある場合に求められている成分が、「亜鉛」です。

亜鉛は前立腺で精子の生産に関わることから「セックスミネラル」という別名で呼ばれることもあり、妊活の際には必ず摂取して欲しい成分です。亜鉛は皮膚、毛髪、腎臓、肝臓といった細胞に多く存在し、タンパク質の合成や骨の発育に関わっており、摂取すると、新陳代謝が高まり、免疫力を元気な状態にすることをサポートしてくれる可能性があるのです。

また亜鉛はDNAやたんぱく質の合成に働く酵素や細胞組織の代謝に関わる酵素など、300種類もの酵素を構成する重要な成分です。この組織の代謝が実は妊活にとって非常に重要なのです。その理由は妊娠後の授乳の時期などは細胞の新生や再生を必要となるからです。したがって、妊娠前の男性、そして妊娠後の女性は亜鉛を多く摂取することが大切になるのです。

さらに亜鉛は活性酸素を除去する働きがあるため、精子の劣化を防ぐことが期待できます。そして男性の体内で精子を作り運動を活発にしている、卵胞刺激ホルモンの働きを促すことにも役立つ成分なのです。

亜鉛が不足するとどうなるのか

亜鉛は細胞全体に存在し、DNAやRNA、たんぱく質の合成を助け、免疫機能に影響する身体にとっては欠かせないミネラルの一つです。しかし亜鉛は、体内に貯蔵することができません。その為、必要な分を摂取し続ける必要があり、不足すると健康に様々な影響を及ぼす可能性があるのです。では亜鉛が不足するとどうなってしまうのでしょうか。

亜鉛が不足すると、味覚障害や免疫力の低下、抜け毛、勃起不全、精液欠乏症、性欲の減退といった症状を引き起こします。亜鉛はたんぱく質の合成に関係しており、亜鉛が不足すると細胞分裂がうまくいかず、このような味覚障害や抜け毛、男性においては勃起不全、精液欠乏症といった症状があらわるのです。

また、亜鉛が不足すると性欲の減退が起こりますが、妊活中に男性の性欲が減退すると夫婦の性生活がさらに減り、妊活の障害となるリスクが高まるのです。

亜鉛の摂取方法について

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

亜鉛は食事から摂取できるのか

日本人の普段の食事であれば亜鉛の必要量を摂取することは不可能ではありません。しかし普段から強いストレスを感じている、またはインスタント食品を多用して尚且つ飲酒の機会が多い場合は亜鉛が不足する可能性が高くなります。特に、インスタント食品に多く含まれている添加物や、アルコールは亜鉛の働きを阻害して吸収を妨げる場合があるので注意が必要です。

亜鉛が含まれている食品は、牡蠣、牛肉、豚肉、鶏肉、卵黄、ナッツ類がありますが、食品から亜鉛が吸収できる確率は約30%といわれており、年齢と共に更に吸収率も下がっていきます。その為、亜鉛の吸収率を上げたいと思ったら、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取することを意識しましょう。

そうすれば吸収率が良くなるので、レモンなどの酸っぱい果物や梅干しといった食品を摂取することをおすすめします。しかし食品だけで必要な亜鉛を摂取することは簡単ではありません。特に牡蠣やナッツ類が苦手な場合はサプリメントによる亜鉛補給を検討すべきだといえるでしょう。

亜鉛は食事だけでなくサプリメントからも摂取しよう

亜鉛は男性の場合、一日の摂取推奨量は18歳〜69歳で11.18rとされています。しかし厚生労働省の調査では、食事から男性が摂取している一日の亜鉛の摂取量は8.9rとされ、推奨量からすると不足気味な傾向があります。その為、亜鉛のサプリを取り入れることが妊活にとっては大切になるのです。