MENU

CLOSE

思った以上に辛い…段階別・不妊治療の負担

思った以上に辛い…段階別・不妊治療の負担

257views

カテゴリ:不妊治療

段階別・不妊治療の負担

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

不妊治療は、病院の方針や本人の体の具合にもよりますが、たいていの場合タイミング法、人工授精、体外受精と上がっていきます。タイミング法と人工授精の妊娠率はそれほど変わりませんが、精子の調子が一般的に良くないときに人工授精をおこなうと有効的な場合があります。

体外受精は妊娠率がタイミング法や人工授精とは違って少し上がりますが、それぞれ段階ごとに、身体的・精神的・金銭的な負担は上がっていきます。

タイミング法・人工授精の負担

タイミング法と人工授精はあまり病院ですることは変わりません。生理開始から卵胞の大きさを見ながら、適切な大きさにならない場合や妊娠になかなか至らない場合に複数の卵子を育てる為排卵誘発剤を使ったり、投薬や注射をしながら、排卵日を予測していきます。

タイミング法は自宅でのタイミングを取る時期を医師から指導を受けるものですが、人工授精は、院内に持ち込んだ精子を洗浄濃縮して医師の手によって子宮の中に入れていきます。なんらかの場合でなかなかタイミングを自宅で取るができないときなど、医師の手によって精子と卵子が出会うことになりますので妊娠の確率はその分上がり、質の良い精子のみを入れることになりますので精子不良の人には向いている治療です。

通院回数は排卵までに人によりますが3、4回、排卵確認が必要な人のためには1回、人工授精の場合はその当日ですのでそれほど負担ではありません。しかしながらすべて自分の体の具合によって決まっていくので、急な通院を要するときがあり仕事などをしていると負担になります。

金銭的には、タイミング法は保険治療ですし、人工授精は保険治療外ですが15000円から25000円くらいで収まるところが多いので、人工授精のほうが負担が増えますが家計的にはそこまで負担はないといえます。

体外受精とは

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

体外受精はタイミング法や人工授精とは全く違って、採卵というオペをして体外に卵子を取り出し、体外で精子を受精させて育てて、そのあと移植と言ってできた受精卵を子宮の中に戻していきます。すべて保険治療外です。病院によってする治療内容が大きく変わることもありますし、値段のつけ方もさまざまですので、まず調べられることはよく調べて準備をしていったほうが良いです。

体外受精の負担

体外受精は採卵をするときに複数の卵子を取ることを目的とする病院が多いです。そのために投薬や注射をしますが、場合によっては注射に毎日病院に通って様子を見ていくときがあります。もちろん通うことができないときは自己注射という選択もあります。

移植をするためにも体の中を準備しないと移植することはできません。そのためにホルモン剤を多用してホルモン値をコントロールしながら、自分の内膜の様子を整えていきます。通院回数は採卵周期は採卵まで注射があれば毎日ですし、移植周期でも、5,6回あるときが多いです。状況によりますがタイミング法人工授精より格段と回数が増えていきます。

もちろん仕事などをしていると調整と両立が体力的にもとても大変になります。すべて自己負担の金額なのと、増える通院回数、時には待ち時間が長かったり、うまくいかないと精神的に追い込まれます。採卵から移植までの金額は40万から60万ほどです。貯金を使うことによりかなり負担は増えます。妊娠しないと負担はかかるばかりです。

  • 妊活におけるサプリの使用や食事内容

不妊治療をしていても、まだ病院に行く前でも、妊活においてサプリの使用や食事内容を変えていくことは大切なことです。質の良い卵子と精子が良い受精卵をつくって着床します。もちろん普段の身体作りも大切ですので、女性も男性も双方がする必要があります。

女性が赤ちゃんを迎えるにあたり必要な栄養素は葉酸で、卵の質を良くするにはLカルニチンやレスベラトロールなど、男性の精子を良くするためには亜鉛やコエンザイムQ10が良いといわれています。

食事ですべて取るのは大変ですのでサプリがおすすめです。男女ともに体の中がさびないような抗酸化作用のある食事、アーモンドやアボカドなどが効果的です。妊活は女性だけでなく男性もすることでお互いが励まされて相乗効果があります。